EiteLiteオフィシャルニュース!

2014年11月 8日 土曜日

高円寺で悩み解決に定評がある美容室エイトライトヘアサロンのブログ★髪の悩み第2弾!!

みなさん、こんにちは!!


鹿嶋です。


以前、シャンプーの仕方についてアップさせていただきましたが、


今回ほその後・・・


髪の乾かし方について触れてみたいと思います!!




髪の乾かし方


シャンプー後は、すぐに乾かす事!!

 
髪を自然乾燥で乾かしている方もいる方いませんか?


髪の毛は濡れていると、不安定な状態になり、頭皮の雑菌も繁殖しやすくなってしまいます。


それと、濡れた髪が頭皮の温度を下げるので、頭皮の血行が悪くなってしまい、


髪に栄養が行き渡らず、髪の毛の成長を妨げてしまったりもします。





1:タオルドライをしっかりと!!


短時間で乾かす為にも、まずはタオルドライをしましょう。


気をつける事は、頭皮、地肌を痛めないように、しっかりと髪の毛の付け根まで水気をとることです。


(髪は、ゴシゴシこすったりしないように注意して!)





2:保護剤(流さないトリートメント)を付ける!!


ドライヤーの熱で、髪の毛の水分が抜けてパサつきやすくなってしまいます。


保護剤は、ドライヤーの熱やブラッシングの摩擦などのダメージから髪を保護し、


熱で潤い成分が髪に浸透してくれるので、傷みやすい(傷んでいる)毛先を中心につけて下さい。





3:髪の内側から、乾かす!!


ドライヤーはできるだけ大風量のものを使いましょう。


髪から10cm以上離して使えばドライヤーの熱も安心です。 


毛先はもともと乾きやすく、頭皮は水分が奪われて乾燥してしまいやすいので頭皮でも毛先でもなく、


頭皮に近い髪の毛あたりに、風を送るように乾かします。


乾かす順番は、襟足から、順に上へ乾かしていきます。特に襟足から耳の後ろまでの部分を重点的に!!


下から順に乾かすと髪がふわっと仕上がります。


ドライヤーは振りながら、一カ所に集中してドライアーがあたらないように注意しましょう。


(熱くなりすぎて水分を蒸発させてしまいます。)


仕上げに髪の毛の根元から毛先へとドライヤーの風をあてていくと(上から下へ)


キューティクルの流れが整えられ、髪にツヤが出ます。




4:締めは冷風で!!


最後に冷風をあてると、うるおいのある髪と頭皮になります。


さらに、交感神経が落ち着き、寝付きが良くなるとも言われています。




↑を参考に是非やってみてくださいね!!


寝ぐせも、つきにくくなりますよ!!